「MoneyTap」はリップル社のブロックチェーン技術を活用した個人間送金アプリで参加銀行間であれば、電話番号やQRコードを用い、24時間365日・ローコストでの送金が可能となります。

さらに、MoneyTapは、国内の現金送金に現在適用されている既存のバンキングおよびATM料金に関連するコストを削減し、これらの支払いをより速くするだけでなく、全体的にコストを削減します。

一般公開時点では、住信SBIネット銀行・スルガ銀行・りそな銀行の3行が対応しており対応銀行はコンソーシアム参加銀行を中心に順次拡大予定としています。

https://ripple.com/insights/ripple-powered-mobile-app-provide-demand-domestic-payments-japan/