ハル移動平均線(Hull Moving Average)とは

アラン・ハル氏によって考案された移動平均線の名称のこと。

ハル移動平均線(Hull Moving Average)の特徴

2本の加重移動平均を使って計算することで単純移動平均やその他の
移動平均より反応が早いことが特徴です。

計算式

計算する期間の半分の線型加重移動平均を求め、それを2倍にしたものを
通常の線型加重移動平均の期間で引きます。

 

n:期間

線型加重移動平均(LWMA)(n/2日)×2-線型加重移動平均(n日)

ハル移動平均線(Hull Moving Average)を使ったトレード手法

この画像は単純移動平均線の画像です!

25日線が赤色、80日線が青色、200日線が白色です。

単純移動平均線の場合は画像のようにごちゃごちゃしており「ノイズ」が頻繁に起こります。

ハル移動平均線(Hull Moving Average)の場合

ハル移動平均線は画像のように分かりやすく「ノイズ」が発生しにくいためブレイクアウト前にエントリーすることが出来ます!

25日線が赤色、80日線が青色、200日線が白色です。

200日線を上抜けた瞬間にロングエントリーができこれから上昇するというのが分かります。
移動平均線の場合では迷いが生じエントリーできません!

これが、ハル移動平均線(Hull Moving Average)のトレード手法です。

ハル移動平均線を仮想通貨チャートで使うことができる無料のウェブサービス

「tradingview」
https://tradingview.go2cloud.org/

投票:このインジケーターは使えますか?
投票:このインジケーターは使えますか?