タルムードからお金、投資、稼ぐという事柄、意味をを考察する。

タルムードとは大雑把に、ユダヤ教における学者(ラビ)が作った教科書のようなものと考えてください。現在ではユダヤ人の方はかなり多くの分野で活躍されています。彼らのバックグランドを学ぶことで、お金、投資、稼ぐということを追求していきたいと思います。

タルムードではこう記してある

 

『富は要塞であり、貧困は廃墟である』

・これは、そのとおりですね!使える富が多ければ自身や周りを助けることができますよね!

 

『金は悪ではなく、呪いでもない。金は人を祝福するものである』

・お金をたくさん稼ぐことが『悪』という雰囲気があなたのまわりにありませんか?

 お金は本来、人の生活を豊かにし、まわりの人も幸せにするものですよね。稼ぐ、ということは何も悪ではありません!!嫉妬に惑わされないようにしましょう!!

 

『よく使い、よく貯金せよ』

・貯金するだけでなく、使うことで得られるものは多くありますよね!!

 

『人を傷つけるものが三つある。悩み、諍い、空の財布。そのうち空の財布がもっとも人間を傷つける』

・「金持ち喧嘩せず」という言葉があるように、財布の中を潤わさないといけませんね!!

 

『体のあらゆる部分は心に依存している。心は財布に依存している』

・お金がないと将来の不安を感じませんか?

 

『金がないと、五感がよく働かない』

・お金がないことでの焦りが自身の行動の妨げになってませんか?

 

『金は肥料のようなものである。使わずに積み上げておくと臭い』

・お金は循環させなければ増えることはないですよね!!

 

『金は人間にとって本当の名誉をもたらさない。いくら儲けても、それだけでは人間の本当の名誉を買えない』

・「お金では幸せを買えない」という言葉があるように、お金に縛られる人生って悲しいですよね!!

 

これらの教えをビットコイン、仮想通貨で稼ぐという意味の重要性が確認できるはずだと思います。